シュアラスター ゼロプレミアム を試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG3547 今回はシュアラスターのゼロウォーターの上位版であるゼロプレミアムの施工&比較実験を行ってみます。

はじめに

はじめに正直に申しますと

まったく効果に期待してないんだよなぁ

というのも、過去の実験やらなにやらで、ゼロウォーターのほうの効果がすこぶる芳しくなかったもので、ゼロウォーター系の商品に期待が持てません。

とはいえ、なんだかんだで「艶が素晴らしい」だのなんだのというレビューを多く見かける以上は試しておかないといかんだろうってことで、失敗覚悟で購入してみました。

というわけでですね、ひとまず今回のレビューは公平ではありません。だいぶ猜疑心いっぱいの状態からのスタートとなります。



施工してみる

IMAG3376 せっかく買ったし、効果が抜群との意見を信じてとりあえず施工してみたいと思います。

IMAG3378 私が購入したのは150mlの安い方ですが、一緒に施工用のタオルが入っています。ゼロウォーターに同封されていたのが厚手のマイクロファイバータオルだったのに対し、ゼロプレミアムのほうは毛足の長いタオルが入っていました。

IMAG3449
施工方法は画像のとおり、濡れたボディーに吹きかけて、拭き取るだけです。

IMAG3380 洗車後の濡れたボディーに吹きかけます。
ゼロウォーターと比較すると白色が若干濃い感じです。

水分と一緒に拭き取ります、拭き取りながな感じたんですが、付属のタオルの吸水性は大分よいようです。

拭き取り後の結果がコチラ

IMAG3382
写真じゃわかりづらいんですが、筋状の拭き残しが目立ちます。
余剰成分が白く残るので、拭いた後に乾いたタオルか固く絞ったタオルでしっかり拭いてあげないと後が残ります。



ぐるりと全体をしっかり拭き取るとこんな感じ。

IMAG3383
IMAG3384
IMAG3385
IMAG3387
IMAG3390
確かにテラテラになりました。

なりました

けど…

ギラつくなぁ。

洗車キズというわけではないんですよね。太陽光の当たり具合によって余剰成分のような油分のようなギラつきが見えるんですよね。これは下地が悪いのかどうなのかは不明ですが、これを拭き取るのに難儀しました。

実車に施工してみての感想ですが、光沢としては、普通に考えれば申し分なし。作業のしやすさの点でいうと、吹きかけすぎによるものかなんなのか、とにもかくにも二度拭きが必要だったことを考えるとそこまででもないかなと。
濃色車だから目立つというのと、あとは拭き取りの際に、こまめにタオルを絞って水分をしっかり取り除きながら施工すればまた違うのかもしれません。

パネルで比較してみる

IMAG3401 実車での実験はとりあえず終わったんで、次はパネルをつかってあれこれ試してみたいと思います。

ゼロウォーターとの比較
IMAG3403 まぁ至極当然の比較対象ですね。ゼロウォーターと比較してみようと思います。
パネル右側がゼロプレミアム、左側がゼロウォーターになります。

IMAG3425
明確に差が出ましたね。ゼロプレミアムのほうが色濃い感じになりました。確かにこのくらいなら実際に車に施工しても「効果がでた」と実感できるレベルでしょう。

そして

やっぱりゼロウォーターは薄いんだよなぁ。

スマートミストとの比較
IMAG3412 私個人的にはかなり評価が高めのスマートミストとの比較です。スマートミストについては過去の記事で色々と登場してますんで、効果のほどについてはそちらを参照いただければと思います。



比較の結果といいますと…

IMAG3414
一回目。右がゼロプレミアム、左がスマートミストです。パネルをストロングバブルでリセットしたんですが、ストロングバブルの成分が残っていたのか、ゼロプレミアム側が極端に薄い仕上がりとなりました。対してスマートミストのほうはしっかり濃い色合いに仕上がっています。

続いて2回目です。ストロングバブルでパネルをきれいにした後しっかり水洗いしてから施工します。

IMAG3422
今度はゼロプレミアムのほうもうまくいきました。比較結果としてはどうでしょう。スマートミストと比較しても遜色ない感じです。

エクストリームブリリアントシャインデテイラーとの比較
IMAG3415 こちらも個人的に評価の高いSONAXのエクストリームブリリアントシャインデテイラーとの比較です。
右がゼロプレミアム、左がエクストリームブリリアントシャインデテイラーです。

IMAG3429 こちらもエクストリームブリリアントシャインデテイラーと比べても劣るとは言えませんね。

うーん、悔しいけどしっかり効果が出ているなぁ。

まとめ

さて、一通り試してみましたが、ゼロプレミアムについては「効果がある」と言い切ってよさそうです。
実際に車に試してみても効果は感じられましたし、パネル実験上でもそれなりに良い結果を残してくれました。

でも割高

スマートミストの280mlがAmazonで1400円弱で購入できます。


ブリリアントシャインデテイラーが750mlで2800円弱。

そしてゼロプレミアムが280mlで3600円弱と、割高感が強いです。

あとはここに価格差を埋めるだけの耐久性能や施工のしやすさで明確な差が出てくればいいんですが、耐久性は実験していないにしても、施工のしやすさでは大差はありません。ってなわけでですね、まぁ正直ゼロプレミアムの価格があと1000円程落ちてくれると適正価格じゃないのかなぁってのが正直な感想です。

以上、シュアラスターゼロプレミアムのレビューでした。
ひとまず、比較の基準としてはちょうどよさそうなので、今回は購入しといてよかったかな。

コメント

  1. いたこ より:

    コーティング系の実験すばらしいですね。
    いつも大変興味深いレビューで参考にさせて頂いています。これからも継続よろしくお願いします。

    とこでガラコなどガラスの撥水コーティングにて使用後のマイクロファイバータオルですが、2回目から水を吸わなくなって機能性が著しく低下してしまうので困っています。
    高いタオルを使い捨てにするのはもったいないし、撥水剤を落とす良い洗剤は無いですかね?
    キッチンハイターやサンポールなどはどんな物でしょうね?
    塩素系のキッチンハイターは今一だったので、酸性のサンポールを買ってきたんですがまだ試してません。
    カテゴリ違いであれば申し訳ありません。

  2. 鑑人 より:

    いたこ さん
    コメントありがとうございます!

    そのお悩み、私も経験しております。
    ポリマーG1000やグラスパワーなど、撥水の強いコーティング剤を使用した後はMFクロスが、乾いた状態のままだと全く吸水してくれなくなって困りました。
    一度しっかり濡らして、硬く絞ってあげると吸ってくれるんですけどね…。
    これは

    「撥水するようになってしまったタオルの復活方法」

    として1つ比較記事ができそうですね(笑)

    最近は、ワックス施工やコーティング施工をした後のスポンジやタオルは「本当によく落ちる水アカシャンプー」をバケツに注ぎ、少し濃いめに温水で希釈してバシャバシャと洗っています。

    「本当によく落ちる水アカシャンプー」はいろんなコーティング剤の撥水効果がなくなってしまうのはボディー上では確認済みですし、以前ワックスがしみこんだスポンジをこれで洗ったらワックスがカサカサのボロボロになって落ちてきたので効果があるんじゃないかと思い、この方法で洗っています。本当に効果があるかどうかはまた別ですが…。

    そういえば、上記をやるようになってからはタオルが撥水しすぎることで悩んだ記憶はあまりないとは思います。
    まぁ実際にお試しになるのはもう少しお待ち下さい。
    私も色々試してみたいと思います。
    いつになるかはともかくとして、実験したら記事にします。

    コメントありがとうございました!

  3. ももたま より:

    鏡人さん
    とても勉強になります、是非とも継続をお願いします。
    シュアラスター ゼロ プレミアムをこのサイトで読む前日に購入してたので、
    正直ほっとしています。
    次はスマートミストを購入します。

    • 鑑人 より:

      ももたま さん

      コメントありがとうございます!

      他にも投稿頂いていたようですが一番あたらしいものを掲載させて頂きました。
      スパム除けのためにコメントが認証方式になってるんです。
      わかりづらくてすみません…。

      参考にして頂けて何よりです!
      スマートミストも価格控えめで安定した光沢がでるのでお勧めです!