スマートミスト キズ消し撥水タイプの効果を試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG2775
以前試したスマートミストですが、カー用品店に行ってみたところ「スマートミスト キズ消し撥水タイプ」というものが安く売っていたので購入して試してみることにしました。

普通のスマートミストと比較してみる

いつも通りパネル実験を行ってみます。

今回の比較対象はこちら。
IMAG2784 普通の方のスマートミストですね。もともとスマートミストは以前の実験の結果とその後の使用感から個人的に評価が高かったのですが、これの傷けしタイプはどれくらいの効果を発揮してくれるのでしょうか。

IMAG2785 さっそくいつものパネルを引っ張り出して実験です。マスキングテープで区切って半分ずつ試します。
左が通常のスマートミスト。右が傷けし撥水タイプです。

IMAG2787 それぞれに吹きかけてみます。
液体はどちらも白濁したサラサラの液体です。パッと見ではあまり区別がつきません。

IMAG2790 これが塗り伸ばした状態。
これだとイマイチ傷の隠蔽効果がわからないので、角度を変えて光を当ててみます。

IMAG2789 光を当ててみるとよくわかりますが、傷けし撥水タイプのほうが光が反射した時の傷の目立ち具合が少ないですね。
確かに通常のスマートミストに比べて傷の隠蔽効果は高いようです。

今回購入した価格はセールで1200円程度、アマゾンや楽天で購入すると1400円からなので安売りで少しだけお得に購入できたようです。
ちなみにこのスマートミスト傷消しですが、撥水タイプと親水(疎水)タイプがあります。私の好み的にはバッキバキに撥水するのが好きなので撥水タイプを選択しました。
撥水はイオンデポジットの原因になるということで避ける方もいるようですので、撥水と疎水が選べるのはいいことですね。

というわけで、スマートミスト傷消し撥水タイプのレビューでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする