シュアラスタークイックの効果を試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG2756
ガラスコーティングだ、フッ素コーティングだという昨今の流れの中で、すごく今更感はあるんですが、今回は「シュアラスタークイック」のレビューをしてみようと思います。

このシュアラスタークイック、ずーっと前から存在自体は知っていたものの、実は試したことがありませんでした。シュアラスターさん自身も恐らく、定番商品の固形ワックス類と、ゼロウォーター系の商品の方に力を入れているんじゃないかな。とくにゼロウォーター系の「売れ!売れ!」感がハンパないっすね。

シュアラスタークイックはホームセンターやカー用品店に行くと、棚には並んでいるもののホコリをかぶっている事が多いイメージだったのと、「カルナバ蝋入り」ということで窓には使えなさそうという点がイマイチ購入に踏み切れなかった理由の一つ。施工部位を選ばない昨今のコーティング剤の中で、ここれを買っても正直施工が面倒そうなイメージがあったので買わないでいたんですが、先日オート○ックスに行ってみたところ「人気No.3」の札がぶら下がっていたのでどうやら人気はある模様。
廃版にならずに継続して売られているという事は、それなりの理由があるのだろうと思ってはいましたし、「人気No.3」の札と価格も安かったこともあり、購入して試してみることにしました。


いろいろすっ飛ばして早速施工してみる

IMAG2762 いつもはパネル実験から入るんですが、買った当日がちょうど洗車予定の日だったので、先に試してみることにしました。
いかがでしょうか。写真の撮り方についてはあえてヌラヌラした感じに見えるよう写真を撮っています。

施工後の肉眼でのイメージについては「ヌラァ~っとした感じの艶」。固形ワックスのそれに近いイメージです。施工後の満足感はたかいですね。さすがはカルナバ蝋入りといったところでしょうか。

水なし洗車でいけるのか


絶対にやらないから(笑)

そんな恐ろしいことできるわけもなく、普通に洗車してから濡れたボディーに対して施工した方が洗車傷もつかず安心できると思います。私は水なしでコイツを使う気にはなりませんでした。

本当に「ふき取り不要」なのか


そんなわけはない(笑)

商品名で検索すると色々な方のレビューがでてきますが、みなさん口をそろえて「2度拭きは必要」と言っていますね。施工した感じ、私も同じ感想でした。洗車後の車体が濡れた状態で吹きかけて、MFタオルで伸ばして拭いた後、タオルを硬く絞るか、乾いた別のMFタオルを使ってもう一度ふき取らないと、残った過剰分のワックスが渇いて白くなります。なので2度拭きは必要ですね。

でも簡易コーティングでも結局2度拭きしてるんだよな…

よく考えてみれば毎回2度拭きしてるのは同じなんですよね。「洗車後、濡れた状態のボディーに吹きかけて」的なコーティング剤については自分は必ず2度拭きしています。それを考えると手間としては一緒かなと。増えた手間といえばガラス面だけ別のコーティング剤を使う事と天井から垂れて行かないように気を付けている事。それくらいなので、あまり手間が増えたとも思えません。

では買いなのか

個人的には「買い」です。
施工の楽さで言えばスマートミスト等、施工面を選ばない商品には一歩譲りますが、仕上がりの光沢感はさすがカルナバ蝋といったところ。現在Amazonで1400円程度で買えることを考えるとコスパはいいんじゃないかなと思います。

というわけでレビューしてみましたが、いつものパネル実験がまだですので、実験後ここに追記しますのでお待ち下さい。

[2015/11/04 追記]
IMAG2778 パネル実験をしましたので追記します。いつものパネルにマスキングをして右側にシュアラスタークイックを施工します。

IMAG2779 すこし角度をかえてみました。パネルが黒々としているのがわかります。

IMAG2783 マスキングテープをはがしてみました。

まぁ液体ワックスなので、効果については特に疑いはなかったのですが、概ね良好なようです。
個人的には仕上がり感なども含めて結構気に入ったので、ちょくちょく使って行こうかと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする