アジアンタイヤは大丈夫なのか?NEXEN N3000を買ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

NEXEN(ネクセン)N3000
アジアンタイヤ、みなさんご存じでしょうか。
近年Autowayさんが売りに売りまくっているせいか、かなり有名になってきたアジアンタイヤ。
価格が主要な国産メーカーのタイヤと比較すると半分以下、もしくは4分の1なんてくらい価格に差があります。



ネットで評判を見ると、酷評しているものもあれば、問題ないとおっしゃっている方と反応は様々。
とりあえず一番多く見受けられる評価として

「サイド剛性が弱い」

という意見が多くみられます。サイド剛性が弱いという事はコーナー等で外側によじれるような感じになるという事でしょうか。
あとは、ロードノイズが国産メーカーと比べるとうるさいなどという評価がちらほら。
総じて「街乗りならOK」という内容ではあるんですが

ただ、酷評している方のやり取りなどを詳しく見ていると

200ウン十馬力、500ウン十馬力等々、ハイパワーな車に乗っている方だったりすることもあります。

そんなでっかい馬力の車のらねぇから(笑)

200馬力くらいまでならまぁそれなりに走っていると思いますが、それ以上の馬力になると一般的な車にお乗りの方にはあまり関係が無いような気がします。

といったところも踏まえまして、価格やらあと何年乗るのかとか色々考えた結果、今回私がチョイスしたのは「NEXEN N3000」。
NEXENは韓国のタイヤメーカーでNがつくシリーズはNEXENのタイヤの中でも上のグレードの製品。9000番まであってN3000はスポーツタイヤの部類にはいるそうです。

これまではミシュランのパイロットスポーツを履いていたんですが、某エアバッグメーカーのリコール修理の際にディーラーに行ったところ、「リヤの残溝が2mmしかないよ」と指摘を受けて交換することとなりました。
IMAG2581 確かにツルンツルンですね(笑)

で、タイヤ購入に迫られたわけですが…ここで候補に挙がってきたのがアジアンタイヤとなるわけです。

さて、アジアンタイヤの話題となりますとどうしても付きまとってくるご指摘が

「安全を買っているようなものなのに、なぜケチるのか」

これですね。うーん確かにそうなんですが、そうであるからこそ色々調べている状態。

価格の高い主要メーカーのタイヤを何も調べずに買うのがよいのか、調べまくって納得した上で価格の安いアジアンタイヤを買うのが良いのか…。

まぁ恐らく

「価格の高いタイヤの価格の理由をしっかり調べて高いタイヤを買う」

が正解でしょうか(笑)。

ちなみに、海外メーカーの車の場合には、さらにこんなご指摘も。

・BMW乗ってるやつがタイヤをケチるな!
・タイヤをケチるくらい金がないならBMWなんか買うな!

うーん

ごもっともです(笑)

いやね、別に「外車のってる俺カッコイイ」がしたかったわけじゃないんですよ。一度は外国車がどんなものか知ってみたかったとかそういった理由で買ったわけで…じゃなけりゃ型落ちの3シリーズなんて買いませんわ。初登録から間もなく10年を迎えるBMWで「俺お金持ちです」アピールなんてできませんし(笑)

NEXEN N3000 を買ってみる


というわけで、いろいろな理由があってのアジアンタイヤですが今回購入したタイヤがコレです。

NEXEN N3000
IMAG2584
溝のパターンは独特というか、これがスポーティーな感じの溝らしいです。私が今まで履いたタイヤには無かったミゾの形ですね。スポーツタイヤならこういった形は一般的なんでしょうか。

早速履かせてみます。
IMAG2606
まぁ違和感はないかなぁ。

ん・・・・?

あれ?

IMAG2602
これは…

IMAG2603
バランスウェイトめっちゃついてる(笑)

履き替えて店舗をでたのちに気づいたんですが、すごく沢山バランスウェイトがついてます。
外側に12個(笑)。よくみたらその対角線上にも同じくらいついていました。

大丈夫なのか!?

ということで、普段お世話になっているヨコハマタイヤの専門ショップさんにオイル交換に行ったついでに伺ってきました。
タイヤ専門店にアジアンタイヤ持っていくのは気が引けるんですが、まぁ心配なので…。

スタッフさんの感想
めっちゃついてますね(笑)

同じ反応でした。

アジアンタイヤ「で」大丈夫なのかきいてみた

ここでとりあえずお話をうかがってみたところ、

「タイヤとしての精度もあるからまぁあり得るっちゃあり得る。でもやっぱり多い」

の事。

本当は組み付けるときに既にずれている可能性もあるかもしれないが、調整して調整して調整した結果こうなった可能性はあるとの事でした。

今度取付お願いしたところにもっていって聞いてみよう…。
そもそもに取付お願いしたガソスタ併設のタイヤ交換ショップでおもいっきりホイールのボルトの穴付近をインパクトでえぐられたというのがあるので、その点も含めて確認してこよう…。(タイヤコーティングレビューのために交換前日に写真を撮っておいてよかった…。)

それと併せて聞かされた

ヤバイアジアンタイヤはマジでヤバイ

というお話。色々聞かせてもらいましたが、「あくまでスタッフさんの経験と業者間で聞いた話」として教えてもらった内容をまとめます。

・ネクセン、ナンカンあたりのタイヤは大丈夫(これが前程)

・聞いたこともないようなメーカーのアジアンタイヤはヤバイ

・特に17~20インチくらいなのに4000円くらいの価格で買えるヤツ

・上記タイヤは一度ホイールからはがしただけで裏側のワイヤーが切れる

・上記タイヤは再度取り付けて空気をいれると、たんこぶみたいに腫れあがる

・JAF調べで前回のGWの車トラブルの1位がタイヤのパンクとバースト
※これはJAFサイトでウラが取れました
http://www.jaf.or.jp/rservice/data/2015/season.htm

・上記トラブルの大半のタイヤはアジアンメーカーのタイヤ
※ここはサイト上からは確認できず

といった感じの内容でした。営業トークとしてではなく、タイヤ専門店で働くスタッフとしての意見というスタンスでしたので私は信用したいと思います。

あとは表情ですね(笑)

「アジアンタイヤ」といったときのスタッフさんの「あぁぁぁ」という微妙な表情と、「ネクセンのタイヤで~」と言ったときに、パッと「まぁそれなら」といった感じの表情の変化。この辺で「大丈夫なアジアンタイヤとダメなアジアンタイヤがある」というのはなんとなくわかりました(笑)

とりあえずNEXENのタイヤはほかのアジアンタイヤに比べればまだ大丈夫なタイヤの部類にはいるようなのでしばらく履いてみようと思います。

ちなみに走った感想ですがまだ100kmも走ってないので何とも…。しかもリヤなのでわかりづらい上に、剛性とかわかるほど運転技術もないですし、攻めないですし(笑)。サマータイヤからスタッドレスに履き替えたときくらいの明確な変化があればレビューで切るんですけどね。

ちなみに静寂性については多分問題ないんじゃないかと思います。大きな変化はありませんでした。

という事で、以上アジアンタイヤ、NEXENのN3000を購入した感想とまとめでした。

とりあえず

金があるなら素直に国産買っとけ!ないならないでもせめてそれなりの値段のアジアンにしろ!

という事のようですね。


[100キロくらい走ったので追記]

タイヤ交換から100km以上は走ったので、最近ちょっと走ってみて思ったこと。

リヤだけなんとなく外に流れるような感じ…?

フロントはまだミシュランなのでステアリングに応じて機敏に反応するんですが
曲がったあと、リヤ側が後からふわーっとついてくるような感じがしてなりません。

でも

気のせいと言われたら納得できるレベル

なんですよねぇ。
所詮街乗りと時々の高速しか走らない、コーナーもあえて攻めるようなこともしない。
そんな私がタイヤレビューなんてしてもアテになりませんね。

「アンダーがでる」とかそんな表現できたらいいんですが

わからねぇもんはわからねぇ!

ひとまず別段うるさいって事はないですし、ラフにアクセルを開けても、リヤがズルっと行くこともないですし、少し早い速度でコーナーに入ってもちゃんとまがってくれてるからいいんじゃないかなぁとは思います。

あとは耐久性とかそういったところでしょうけどさすがに1年でダメになることはないと思うので、まぁ交換に迫られるようなトラブルが発生した場合は別途報告します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする