[3.11]5分間につづられた思い 宮城県制作の短編アニメ「今、ふたりの道」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

今、ふたりの道 - ニコニコ動画-GINZA2
東日本大震災から4年が経過した。2015年3月11日(水)に、宮城県制作の短編アニメーション『今、ふたりの道』が、ニコニコ動画とバンダイチャンネルで公開されました。

この作品は

復興の途上である被災地の現実を描き、これまでの復興支援に対する感謝の意の表明と、記憶の風化をとどめることを目的に製作。


との事で宮城県出身のキャストを起用しています。
キャストは寄生獣の泉新一役などで知られる声優・島崎信長さん、山寺宏一さん、女優・安室夏さんです

ニコニコ動画とバンダイチャンネルで、3月11日から1ヶ月間限定で配信とのことです。



もう4年ですか。
わたしは身近な方でなくなった方が居なかったので不幸中の幸いではありましたが、やはり友人などでは親族をなくされた方もいますし、本人が津波の被害にあったという人もいます。
4年が経過しても現地に行けば、復興はまだ途中段階であるというのがよくわかります。
沿岸部に行かずとも、津波の名残はまだまだ残っています。「ここまで津波が来るはずがない」と言われていた場所まで津波が来たため、普段の生活の中で予想だにしない機会に地震の記憶を呼び覚まされることがしばしばあります。
あの津波が過去のものではなく現在進行形であることを改めて知る機会となる動画です。

ちなみに東北から遠い地域の方々で、宮城県に訪れる予定のある方で仙台空港を利用される予定のある方は、飛行機をおりたら是非すぐ電車に乗って市街地へ行くのではなく、空港周辺を歩いてみてください。何もありません。でも確かに「そこに何かがあった」という痕跡を見ることができます。

だからと言って「支援してくれ」だとか「我々は被災者だ!」というつもりは個人的には全くありません。私は「不便だった」程度のもので津波の被害に直接見舞われた方に比べれば特に何もなかったに等しいと言っても過言ではありません。
なので、私からは「現実としてこんなことがあった」という事実だけ知ってほしい。そんな思いだけ伝えられればとおもいます。


記事ソース:KAI-YOU.net
ニコニコ動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする