GlassPowerの撥水性能を試す

シェアする

Glasspower
ずいぶん前に購入してちょっと使ってから原液が残ったままのGlassPowerなんですが、「撥水は凄い」と毎回言いつつも、実際にどれほど撥水するかというのをお見せしたことがなかったので、今回は車に施工して比較してみようと思います。

とはいえ、この車、過去の記事「カーコーティング剤比較レビュー」の通り、いろんなものを施工して、コーティングについては雑多な状態になっております。どれが残っていて、どれがもう落ちてしまっているのか、さっぱりわからない状態なので、その点だけご注意を(笑)

私が買ったのは原液とその他もろもろのセット。
私が購入したのは数年前の話ですが、値段は現在とほぼ変わりありません。

施工してみる


では早速実験。

施工前の状態です。
Glassppower施工前 先週まで、めんどくささと天候の悪さに負けてグラスターゾルでお茶を濁していた状態。
恐らくもう全部落ちちゃってるんじゃないかと思われます。
残っているとしたら、アクアドロップのミラーポリマーやらコートライトやら、その下のアクアドロッププレミアムかな?

右半分だけ施工してみます。
Glasspower施工後
うーーーーーん、撥水は実際によくなっているんですが、写真では上手く表現できませんね…。
左右であまり違いが見えない。
よくコーティング剤の施工動画などで、施工面だけ多めに水をかけたりして、大きな水滴を作ってスルスルと水を落とすとか、うまい具合に撥水加減をアピールしている動画がありますが、私はあくまで公平に…。

…若干ですが水の粒が右の方がコロコロしているのがわかりますか?
ま、まぁ一応いろいろコーティング剤が乗っているわけですし、既に撥水している状態だったので、違いが微妙なのは仕方ないのかなと勝手に納得してはダメでしょうか(笑)

全面に施工してみます。
Glasspower全面施工
これはわかりやすい!水滴がコロコロときれいに流れ落ちてますね!
アクアドロップを初めて施工したときのようなコロコロ具合。

せっかくなので次にAQUADROP GLASS COAT LIGHTとの比較。

Aquqdrop_cortright
左半分がAQUADROP GLASS COAT LIGHT、右半分がグラスパワーです。
AquadropとGlasspower
うーんどっちもいい撥水!

これでは比較になりません(笑)

でも撥水がいいのはどちらも同じなんです。

施工方法

施工方法についてですが、こちらは簡単。

濡れたボディーに吹きかけて伸ばすだけ

という簡易系によくある施工方法です。
ついでにグラスパワーはムラになることがほぼ無いのでかなり適当に施工しても問題ありません。…保障はしませんが。
ただ、ムラができるとすぐわかる、黒のボディーでも施工後にムラができていないので大丈夫じゃないかと。
AQUADROP GLASS COAT LIGHTの場合は時々ムラになるんで、施工するときはしっかり確認しながらやらないといけないんですが、グラスパワーはそんなこともなく。

久しぶりにこの手の「スプレーして拭くだけ」系のを施工しましたが

楽だなーコレ(笑)

グラスターゾルオートの時も同じように感じましたが、今回はそれ以上(笑)
人間ラクを覚えるとダメですね。どんどん楽な方に行ってしまう…。日頃の簡単な洗車程度なら「これでいいかも」とか思ってしまいます。


ちなみに「ADSWAX」というものもあります。
ADSWAX原液1000ml
ADSWAX原液1000ml
価格:4,300円(税込)
こちら、同じところから販売されているんですが、以前Glasspowerを購入したときに、「ADSWAXとGlassPowerとの違いは何ぞや」と、ショップに問い合わせてみました。お店からの回答は「ADSWAXはGlassPowerの上位互換品」とのこと。
現在パッケージ入れ替えで半額との事ですが、販売はカラメルのみで、楽天側にはありません。
私が一番初めに見つけたときはグラスパワーもADSワックスも、カラメルのみでの販売のみで楽天へは出店していませんでした。楽天側で新しいパッケージのものが無いという事はADSWAX自体が無くなってしまうのでしょうか。個人的にちょっと試してみたかったところではありますが、原液1リットル4,300円をぱっと買おうという気にもなれず…。

とまぁ話がずれてしまいましたが、GlassPowerの撥水レビューでした。
ご参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする