今更ながら「妖怪ウォッチ」とはなんなのか調べて見た

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

妖怪ウォッチ
最近、巷では「妖怪ウォッチ」なるものが流行っているそうです。
テレビアニメもやっていて、こちらも高視聴率が続いているそうです。

妖怪ウォッチ とはなんなのか

妖怪ウォッチとは、元はレベルファイブが発売したニンテンドー3DS専用のゲームです。
ただ単にゲームとしてのプロジェクトでは無く、コミックやアニメ等による多角メディア展開を前提として企画された、クロスメディアプロジェクト作品となります。

レベルファイブと言えば

イナズマイレブンやダンボール戦機が大ヒットしています。
これら2作品もクロスメディアプロジェクトとして企画された作品です。

そのプロジェクトの新しいものが「妖怪ウォッチ」となります。

今の子ども達は、プラモと言えば「ダンボール戦機」、サッカーと言えば「イナズマイレブン」と答えるくらいのムーブメントを起こしました。
それらと同じ企画なのでそれは大ヒットするはずです。

妖怪ウォッチ とはどんな内容なのか

妖怪ウォッチは一言で言うと、妖怪版ポケットモンスターです。
出てきた妖怪を倒すことで仲間に出来る。

うーん。ポケモンと同じようなシステムですね。
コレクション性もあり、かわいらしいデザインを採用となると子ども心にドストライクなのでしょう。

それだけでここまでヒットするのか

イナズマイレブンやダンボール戦機を見るとレベルファイブは子ども心をつかむノウハウを持っていると見ていいので妖怪ウォッチも同じようにヒットさせるのは用意だったのかもしれません。

が、妖怪ウォッチ のヒットが他と違うのは、親も巻き込むくらいのヒットとなっています。

それは、妖怪メダルというゲームとは別のコレクションアイテムを用意したことになります。
この妖怪メダルにはQRコードが記載されており、これを読み込むことでゲーム内で使える妖怪ガシャコインなるものが手に入ります。

妖怪ガシャコインを使用することでゲーム内でガチャガチャが回せます。
コンシューマゲームにもソーシャルゲームのガチャ要素を導入しているのですか・・・

確かにこれはヒットするはずです。
今までのコンシューマゲームは、ゲーム内で完結するので、時間を掛ければコンプが可能だったりしますがガチャ要素を加えると、ガチャ限定の妖怪なども増やせて、コンテンツの寿命を延ばすことが出来ます。

また、今まで集めたものを無駄にしたくないという理由から、そのゲームを長く遊んで貰えるという効果も期待できます。


どれほど凄い状態なのか

妖怪メダルがどれくらい凄いのかというと、妖怪メダルの発売日の前日の夜から行列が出来るくらいの人気ぶりです。
夜中に並ぶため、子どもが並ぶと言うより親が並ぶという光景です。
子どもも一緒に並んでいるようですが・・・

東京駅では期間限定で「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」というグッズショップをオープンしていましたがこれは来場者殺到のため3月14日の開店からわずか2日間で営業を一旦休止したほどの混雑ぶりだったらしいです。

これほどのおもちゃのブームはたまごっち以来では無いでしょうか。
あのときも親が子どものために深夜から並ぶという異様な光景が出来ていました。

妖怪ウォッチはたまごっちのような一時のブームで終るのか、ポケモンの様に息の長いものとなるのか・・・
イナズマイレブンもダンボール戦機も結構長く続いているため、妖怪ウォッチも同じように長く続くのかも知れません。
新たな妖怪を追加して行けば、コンテンツ自体を長続きさせる事もできますし。

それを手に入れるためには妖怪メダルを買わなければならないというようなビジネスモデルを構築すると、ソーシャルゲームの様な爆発的な売上はなくても、それに近い売上の維持も出来ることでしょう。

このブームが何処まで続くのか見物です。

妖怪ウォッチ公式サイト


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする