ソフトバンクがロボットを販売するそうです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

iTmedia_softbank
画像:iTmedia

ソフトバンクがロボット事業へ参入する事が発表されました。
その事業としてなのかヒューマノイドロボット「Pepper」を来年2月、19万8000円で販売となります。

19万8000円だとホビーロボットの延長的なものかなと思ったら、大間違いでした。

でかい。デカすぎる。これが19万8000円で販売できるのか??
これ、どう考えても人間を支援する為に開発されているロボットと同じサイズ感じゃないか!

このロボットの凄いところは、感情を持っており人間の感情も理解できる事です。
相手の表情や声のトーンなどから判断して学習していくのでしょうか。
ただ、日本人は愛想笑いが多いのでキチンと理解してくれるのか謎ではありますが。

また、クラウドAIというものを搭載しています。
今までのロボットはスタンドアローンで学習してというような運用でした。
こいつは、クラウド上で他のPepperが得た情報を元に学習をしていくことで個々が学習していく以上の精度で感情の認識をしてくれるのでしょうね。
なんかSF的な事が実現したような感じです。


で、19万8000円のこいつは話し相手以外に何かできるのか。

たぶん、話相手にしかならないでしょう。

図体がでかくて、話相手にしかならない・・・
何処に売り込むのでしょうか・・・。
介護老人ホームに置いたり、そんなかんじでしょうかね。

ソース:iTmedia

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする