iOS 8が発表!…でもなんか見たことある機能だ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

Apple - iOS 8 - Overview

Appleは年に2回ほど大きな発表会を行ないます。
秋のiOSデバイスの発表と今の時期に行なっているWWDCです。

WWDCではiOSやMac OSのソフトウェアの発表やMACの発表を行なっていました。

ですが、WWDC 2014ではハードウェアの発表は何もなく、iOSとMac OSの発表だけにとどまりました。
今までのWWDCの流れを考えると今年はとても残念な発表会でした。


iOS 8は何が変わったのか


開発者へ提供されるAPIの拡張
これにより、今まで開発が出来なかった通知センターへのウィジェットなどが開発できるようになります。
また、キーボードの開発も行えるようになるため、変換が使い物にならないと言われて続けたiPhoneにも希望の光が見えた感じです。
iPhoneでATOKが発表されたときはただのメモアプリと馬鹿にされましたがiOS 8 ではキチンとしたキーボードアプリとして登場するのでしょうね

また、アプリ間での共有も行えるようになります。
iOS7でもアプリ間の共有は出来ますが、これは特定のアプリだけという制限付きでした。
その制限が取り払われる形となるため、共有機能を利用した様々なアプリが登場する事でしょう。

キーボードの開発とアプリの共有を組み合わせることでAndroidのマッシュルームのような入力拡張機能も実装できそうな気がします。

通知センターからの各種操作
メールなどが来ると、通知センターに標示されていましたが、ここから直接返信としたりする事が可能になります。
簡単なやり取りですと、いちいち「メッセージアプリを開いて返信」という流れを踏んでいた所を、通知をみてそこから返信する事が可能になります。

健康・フィットネスアプリの開発が可能
最近話題の活動量計などのウェアラブルデバイスをサポートするという事でしょうか。
ただ、この機能を発表しても対応のデバイスを発表しないとはどういうことなのか…。

目新しい機能の追加などはありませんが、かねてより要望が多かったキーボードの変更等、ユーザーが快適に使えるようになるようなアップデートになります。

ただこれ、Androidの後追い感しか否めません。
Appleにはソフトウェア部分で画期的な機能を提供すると言う事はもう出来ないのでしょうか。
iOS7で追加された機能もAndroidの後追いと言われ、iOS8でさらにAndroidに近づくと。

Androidに奪われたシェアを奪い返すために、Androidの機能を積極的に搭載しているみたいです。
たしかに、Androidと同じ機能を持ったiPhoneなら、iPhoneを持ちたいという人が多いのでは無いでしょうか。
Androidのようにマルウェアへの感染リスクも少ないようですし

ちなみにリリースは秋の予定です。毎度の事ながら次期iPhoneと同時に登場するのでしょう。
そして悲しいことにiPhone4ではiOS8が利用できません。
まぁ4年間も頑張っている端末となりますので、そろそろ隠居させてあげても良い頃合いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする