[胸糞注意]福島に関する差別のお話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

4080698059_c939d06da6_b
Facebookにてちょっと胸糞の悪いお話がありました。

Suikou Nishitsunoiさんの投稿です。
※この方は報告してくれている方なので悪い人ではありません。誤解のないように。
URLはコチラ。
https://www.facebook.com/suikou.nishitsunoi.7/posts/316533895163609?fref=nf

紹介させて頂いていいのか迷いましたが、「こんなこともある」と知ってもらいたいので掲載することにしました。

**************以下、引用**************

誠に悲しい出来事を目の当たりにしました。

福島産の漬物を期間限定で埼玉に売りに来た70代のおじいさん。
くちゃくちゃの笑顔で美味しいですよ〜如何ですか〜と道行く人に声をかけて、試食どーぞーと楊枝に刺さった漬物を、60代の主婦に差し出した。

その差し出された漬物を、主婦はイヤだ!と叩き落とし一言。
福島で作った漬物なんか食べれるわけないじゃ無い!汚い!放射能汚染された食べもの、あんた、福島で売れないから、来てるんでしょ?
やめてよ!汚い!(2回目)

おじいさんは、先程の笑顔を凍り付かせ、叩き落とされた漬物を拾い、大丈夫なんですよ、この漬物はきちんと測定してありますから….と主婦に頭を下げた。

もう一つ、私の弟子が京都伏見区の伏見稲荷大社に修行に行っているが、彼からもらったメールである。
「先生、もう可哀想で情けなくて….実は連休でかなりの観光の方々が参拝に来ていたのですが、修行の合間に少し時間があったので、外に出たんです。そうしたら、いかにも初めての京都に来た!ような家族連れがいたんですよね、中学生くらいの女の子とお父さんとお母さんの家族で。でね、家族がお土産を見ていたんですよ、そうしたらね、お土産の店員さんのオバちゃんが、どっから来たの?なんて聞いてたんですよ、その女の子にね、それで女の子は福島からです!て笑顔で言ったら、店のオバちゃん、なんて言ったと思います?あら〜やだあ!放射能移っちゃう!もう〜早く買うなら買って出てってよ!って言ったんですよ、半笑で。もうそそくさと家族は逃げるように店を出て行きましたよ!でね、俺気になって家族の後を追いかけたら、伏見稲荷の大鳥居の端っこで女の子が泣いてるんですよ〜もう〜心が痛くて、家族に声かけて、伏見稲荷を案内してあげましたよ」

まったく、どいつもこいつも、口では差別がどうとか、風評がどうとか、言ってるくせに、なんなんだこのザマは!

漬物売ってたおじいさんは、なんか地下食管理してる社員さんか誰かに促されて、店畳まされてましたよ!

今度、こんな場面出くわしたら黙って見てないですから!
警察に引っ張って行かれようが、徹底的にやってやりますよ、マジで。

ふざけんなよ、まったく。

**************以上、引用終わり**************

腹立つなぁ

何でしょうかこの胸のモヤモヤは。

私は決して人間できているとは到底言えないような部類の人間だとは自分自身思っておりますが、これに関しては腹が立って仕方ありません。

なんなんだこれは。こんなことがまかり通っていいんでしょうか。
100歩譲って、「放射能」「福島」という言葉に何かしらの嫌悪感を抱く人がいるのは仕方ないとします。
個人の感情ですから仕方ないとしましょう。

しかし

その言葉は必要はだったのか。

漬物を売っていたおじいさんに罪はあるのか、泣いていた少女に罪はあるのか。
その人にどんな感情があったにせよ黙っていてほしかった。
もう少し別の方法があったんじゃないかと思えてなりません。
私も東北の人間ですので、大いに感情移入してしまっている部分もありますが…。

そもそもに「放射能が移る」ってなんだ「移る」って。

「移る」ってなんだ、被ばくするってことか?んなわけないだろ。他人が被ばくするくらいの放射線を出してるくらいなら、まず当の本人は相当危険な状態。のこのこ京都散策してる場合じゃないでしょう。

原因は何なんでしょうか。様々なことに対する「無知」なんじゃないでしょうか。
「放射能」「放射線」「シーベルト」「ベクレル」「被ばく」「線量」。この辺の言葉を全て正確に認識している人はごくわずかでしょう。きっとどの単語も「なにやら危険らしい」「数値が大きいほど危険」程度の認識の人が大多数なのではないでしょうか。その無知こそが根拠のない不安になり、心無い行動を起こさせるきっかけになっているのではないかと思います。

漬物を売っていたおじいさん、今どうしているんでしょう。
泣いていた女の子、今どうしているんでしょう。

なんだか悲しさと憤りが混ざって何とも言えない気分です。

優しくしてほしいとも特別扱いしてほしいとも言いません。
ただ、個人に罪はないはずです。
行動ひとつ、言葉ひとつ。形にする前に一度考える余裕を持ってほしいものです。

画像:tear / Giacomo Carena

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする