LINEで自作スタンプを販売することが出来る「LINE Creators Market」の申込が開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

LINE Creators Market1

LINEで使用するスタンプを作成して販売することが出来るという
LINE Creators Marketの登録がついに開始されました。
https://creator.line.me/ja/

これは登録したスタンプが100円で販売され
その内の50% 50円がユーザーの手に入るというものです。

40個1セットで登録しなければいけないため、ネタ作りで挫折しかねませんね。

ガイドラインも設けられており以下の様なスタンプが推奨されています。

推奨するスタンプ
1.日常会話、コミュニケーションで使いやすいもの
2.表情、メッセージ、イラストが分かりやすくシンプルなもの

NGなスタンプ
1.日常会話で使用しにくいもの(例:物体、景色など)
2.イラストでないもの(例:写真や顔写真など)
3.視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)
4.スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)
5.公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの

また、宣伝目的では無いため、何かの告知やテキストだけで出来たものなどもNGな様です。

二次元創作も排除なため、いくら自分で絵を描いたと言っても
マンガやアニメ、ゲームなどのパロディーもアウトとなります。

審査が入るためいくらオリジナルと言い張っても何かのキャラに似ていると
取られてしまったら審査が通らないという事も有るでしょうね

絵が趣味の人達にとってはいいお小遣い稼ぎになりそうなサービスですが
なにげにハードルが高い感じがします。
まず、40個もネタを作らないといけないと言う・・・
そもそもユーザーは40個もスタンプ使うのでしょうか?
10個1セットで100円でも良いのでは無いでしょうか?

そして、1万円を越えるまでは振込申請が出来ないという罠も。
これはLINEの養分になるのがほとんどでは無いかな…。
200個売れれば振込の対象となりますが、素人の作品が200個も売るのは至難の業でしょう

20個で50円とかの安いプランも用意してくれれば良いのに・・・
40個あっても使いたいスタンプは数個だった場合
それに100円も出せるかというとどうでしょうね。

50円ならいいやと思って購入する可能性もあると思うんですがね。

まぁいいかとりあえず登録してみようと思います。

登録手順の記事は後ほど!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする