GTX660を購入して8800GTと比較してみた(落とし穴あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

header-geforce-gtx-660

GTX660を落札

先日、ヤフーオークションにてGTX660を落札しました。

「まさかこの値段で落ちないだろう(笑)」

なんて気持ちで入札したら意図せず落札してしまいました。

今回落札したのはコレ
IMAG1247
いやー長いですね。
IMAG1249
IMAG1250
長いと思っていた8800GTと比較しても長い。

あれ?これ…
IMAG1248
「Mfg Date 2012/06/19」ってなってるけど大丈夫なのか…?
これ、実際の発売日って2012年9月くらいじゃなかったっけ?
製造日が3ヵ月程早いんですが…。先行モデル?企業用の試験モデル?
そもそも落札した時点で、メーカー名等一切記載はないし…。

あれ?マジ大丈夫なの?コレ…

まぁ…ちょうど今使っている8800GTの性能に限界を感じていたし動けばいいか。

GTX660のスペック

さて、このGTX660ですが、スペックは下記の通り。
CUDAコア:960
ベースクロック:980 MHz
ブーストクロック:1033 MHz
メモリクロック:6 Gbps
メモリ量:2048 MB
メモリ・インターフェース:192-bit

素晴らしい性能ですね。

PCのスペック

現在の私のPCのスペックですが、CPU-Zの結果は下記の通り。
8800GT CPUZ1

8800GT CPUZ3

8800GT CPUZ2

ごらんいただきますとわかるとおりCPUがCore2QuadのQ9400。
で、メモリがDDR3というおかしな構成(笑)
いまやソケットLGA775のDDR3のマザーなんて中古でもなかなか手に入らないんですよねー。
Coreiシリーズに乗り換えたいところなんですが、まだ費用の都合がつかず保留中。

「Corei3なんかに比べたらまだまだがんばれるし!!」

と強がりを言っている次第です。

8800GTとの比較

8800GT CPUZ3
GTX660 CPUZ
8800GTと比較してみますと
Code Name:G92 → GK104
Core Clock :640 Mhz → 888Mhz
Memory:950 Mhz →  2800Mhz
Memory Size:512MB → 1536MB

いやー、すごくスペックが上がりますね。うれしい!
コアクロックなんか

888メg・・・あ!?

あれ?なんでだ?

888Mhz!?少ない!ってかGTX660ってコアはGK106だよね…?あれ?

あー

やられた…

これは

GTX660ではなくGTX660(OEM)だ

nVidiaのページにもありました。
http://www.nvidia.co.jp/object/geforce-gtx-660-oem-jp.html
PCなどに組み込まれて出荷されるOEM製品で、若干スペックが落ちるものでした。

いやー、ラベルもないからちょっと怪しいとは思っていましたが、
名前は同じでも別物だよこれ…。ちゃんと書いておかないとダメだよ…
まぁ今更クレーム入れてもしょうがないか。評価しちゃったし。

よくわからんもんは買ってはいけないという教訓ですね…。

ベンチマーク比較

まぁいつまでもくよくよしてても仕方ありません。
性能が上がっているのは間違いないので、ベンチマークで比較実験をしてみようと思います。

FFXIVベンチマーク

8800GT 標準品質設定 ウィンドウモード
スコア9211 (非常に快適)
8800GT_FFXIVベンチ標準設定スコア
GTX660 標準品質設定 ウィンドウモード
スコア10418 (非常に快適)GTX660_FFXIVベンチ標準設定スコア
8800GT 高品質設定 ウィンドウモード
スコア3934 (快適)
8800GT_FFXIVベンチ高品質設定結果
GTX660  高品質設定 ウィンドウモード
スコア8992 (非常に快適)
GTX660_FFXIVベンチ高品質設定スコア
8800GT 最高品質設定 ウィンドウモード
スコア3823 (快適)
8800GT_FFXIVベンチ最高品質結果
GTX660  最高品質設定 ウィンドウモード
スコア8357 (非常に快適)
GTX660_FFXIVベンチ最高品質スコア
8800GT 標準品質設定 フルスクリーンモード
スコア5686 (とても快適)
8800GT_FFXIVベンチフルスクリーン標準設定スコア
GTX660 標準品質設定 フルスクリーンモード
スコア10791 (非常に快適)
GTX660_FFXIVベンチフルスクリーン標準設定スコア
8800GT 高品質設定 フルスクリーンモード
スコア1914 (設定変更を推奨)
8800GT_FFXIVベンチフルスクリーン高品質設定スコア
GTX660 高品質設定 フルスクリーンモード
スコア7123 (非常に快適)
GTX660_FFXIVベンチフルスクリーン高品質設定スコア
8800GT 最高品質設定 フルスクリーンモード
スコア1721 (設定変更を推奨)8800GT_FFXIVベンチフルスクリーン最高品質設定スコア
GTX660 最高品質設定 フルスクリーンモード
スコア6500 (非常に快適)
GTX660_FFXIVベンチフルスクリーン最高品質設定スコア
いい結果がでましたね。ほぼ倍近くスコアが上がってます。

【ウィンドウモード】
標準品質設定 :9211 (非常に快適) → 10418 (非常に快適)
高品質設定 :3934 (快適) → 8992 (非常に快適)
最高品質設定 :3823 (快適)  → 8357 (非常に快適)

【フルスクリーンモード】
標準品質設定:5686 (とても快適) → 10791 (非常に快適)
高品質設定 :1914 (設定変更を推奨) → 7123 (非常に快適)
最高品質設定 :1721 (設定変更を推奨) → 6500 (非常に快適)

意外や意外、ウィンドウモードならまだ8800GTでも何とかプレイできそうなスコアが出ました。
ただ、高品質設定以上になるとダメですね。フルスクリーンモードの場合は
8800GTは全滅と言ってもいいスコアが出ています。
ウィンドウモードの低負荷時は何とかなるんですが、やはり高負荷になると
大きな差が出るのが見て取れます。クロック数が上がっているので基本的な
処理性能が上がっているのは間違いありませんが、そのほかにメモリが
3倍になっていることもあり、かなり余裕があります。

 BIOHAZARD6ベンチマーク

8800GT 低負荷設定
スコア 2232
8800GT_BIO6ベンチフルスクリーン結果


GTX660低負荷設定
スコア 6926
GTX660_BIO6ベンチフルスクリーン結果

8800GT高負荷設定
スコア 2750
8800GT_BIO6ベンチフルスクリーン低設定結果

GTX660高負荷設定
スコア 7781 GTX660_BIO6ベンチフルスクリーン低設定結果

低負荷設定:2232 → 6926
高負荷設定:2750 → 7781

これは負荷設定にあまり関係なく8800GTからGTX660で大幅にスコアが伸びていますね。

総評

ベンチマークを回してみて、とりあえず

買ってよかったかな。

性能としては若干落ちますが、ちゃんと動きますし、スコアも上がっています。
動画でお伝えできればとも思うんですが、実際にベンチマークを回しているときの
動作の軽快さは感動ものです。

ちなみにZALMANの消費電力計つきのファンコントローラーを使っているのですが、
そちらの数値換算でのお話をしますと、今回、グラフィックボードを交換したところ、
バカ食するといわれていた8800GTからだいたい20W位はアイドル時の消費電力が下がりました。
但し高負荷時は20Wほど消費電力が上がっています(笑)
ただこのワット数は正しいのか…。アイドル80W、高負荷200Wって少なすぎる気がしますが…。

GTX660は「買い」なのか

今回の結果から言いますと「買い」です。
中古相場にもそれなりの弾数がありますし、価格も下がってきています。
性能もそれなりにありますので、一度買ってしまえば数年は戦えるでしょう。

8800GTを買った当時、「うはwwwwマジはえぇwww最強wwww」
なんて言っていた私も、今やオンラインゲームなどのスペック表を確認しながら
「俺のマシンで動くのかな…」なんてビクビクしながら調べている始末。
同じような状態の方は結構るんじゃないかと思います。

特に、8600GTから9800GTあたりを使っているユーザーの方(笑)

今回のGTX660は多分その辺のグラフィックボードを持っている方が乗り換えるには
最適のグラフィックボードではないかと思われます。

電源も8800、9800あたりを使っていた方なら、そのまま補助電源1本で問題なく動作します。

そう考えてみると本当に「ちょうどいい」場所にいるグラフィックボードではないでしょうか。
尚、現行のグラフィックボードはGTX7シリーズなので、世代的には前のものとなりますのでご注意を。

あと

変なグラボを買わないように(笑)

私と同じ轍を踏まないようにご注意ください。

というわけで現在は中古で買った方がいいので、ヤフオクをちらっと調べてみますと
現在のヤフオクでのGTX660の価格はこんな感じ

まぁ何はともあれグラボの変更は正解でしたね。
みなさんもこれを機に変更を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする