硬化系コーティング剤のニュービームを施工してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

newbeam104

硬化系コーティング剤のニュービーム

昨年購入して実験したニュービームですが、先日ついに施工しました。

ニュービームについてはショップの方の説明をご覧ください。
このショップの掲載写真はズルいですよねー。
こんなにヌルヌルテカテカになるなら思わず手も出ちゃいます。

で、私はアクアドロップもニュービームも買ってしまったので
先にアクアドロップを施工して、様子をうかがっていたわけです。

で、冬を越え、融雪剤をかぶり、寒さに耐えかねてヘタった私により
洗車機にぶち込まれ、撥水効果も何もかも一段落ついてしまった車。

IMAG1178
この車にニュービームを施工していみようと思います。

一応12月段階でアクアドロップを施工
その後、ボンネットだけニュービームを1回だけ施工してあります。
冬の間、洗車機に入れたことはあっても、一応気を使って乗っていただけあって、
遠目にはまぁきれいに見えますが…

IMAG1179
IMAG1180
IMAG1182

ちらほらと小さな傷が目立ちます。
これが目立たなくなれば良いのですが…。

施工方法

施工方法は製品のページを見てもらえばOKだとは思いますが

1.洗車
2.ふき取り
3.スプーンで瓶の中身をかき混ぜる
4.スポンジに塗る
5.ボディーに塗り伸ばす
6.乾燥させる(60分~120分)
7.荒拭き
8.磨き上げ

といった流れ。施工の途中経過に関しては端折ります。
※というか写真を撮り忘れました

施工後

IMAG1185

IMAG1190

IMAG1187

IMAG1192

IMAG1195

確かにいい感じにヌルヌルのテッカテカになりました。

まさにゴキブリのよう(笑)

手触りはサラサラのスベスベといった感じで、素晴らしい仕上がりとなりました。

ただ…

いろいろとメンドくせぇこれ

総合評価

仕上がりは文句なしのツルツルボディー。
サイトにも書いてある通り「陶器のような質感」になります。

ただし、欠点が無いわけでもありません。

施工ムラがすごくて、付属のエーナを使って落としました。
さらに、やたらめったらカスがでるんですよね。乾く前の段階で。
これがモールの隙間に入ると超やっかい。爪楊枝でホジホジしないといけません。
あとは乾燥時間が長い。

手間と時間のかかるカーワックスといった感じ。
硬化系だから仕方ないとはいえ、これは結構手間です。
施工する場合は、気合と時間が必要になります。

その点を踏まえて考えると、次回の購入は微妙かなと。

ちなみにですが
この3時間後、みぞれが降りました。
なんで洗車すると天気が崩れるんでしょうね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 古泉 英木 より:

    初めまして。
    鑑人さんのレビューをいつも参考にさせてもらってます(╹◡╹)

    エバーグレイス製の【グロスマックス】と言う硬化樹脂シロキサンコーティング剤があります。

    本来これは未塗装パーツやプラスチック類に使うものですが、よくよく考えてみますと成分は【オルガノシロキサン】系統ですのでボディにも使えると考えられます。

    完全硬化時間 6時間
    初期指紋硬化 2時間
    硬度 中硬度
    粘度 (液性) 低粘度
    艶 テロテロ
    疎水感 弱撥水(親水性ではない)
    施工性 良好(よく伸びます)

    拭き取り時
    パーツずつで施工後すぐ拭き取り。(塗り込んで5分以内なら容易に拭き取れます。)

    コスト 50ml ¥2,160

    洗浄テスト 脱脂力のある【中性洗剤】でコーティング済みの樹脂素材を洗浄します。(下地処理済みの親水状態時に施工)

    中性洗剤でひたすら洗いました。
    泡をつけスポンジで上下10回の動作を1カウントとし、お湯30〜35℃を使用して200回の洗浄に耐えほぼ撥水感や劣化等の変化はみられませんでした。

    これをボディに使用すれば、上位レベルの硬化コーティング剤ではないかと思います。

    是非レビューをよろしくお願いします!!

    • 鑑人 より:

      古泉さん

      コメントありがとうございます!

      こちらの製品でしょうか…
      http://www.evergrace-jp.com/eggm30.html

      未塗装樹脂やホイール等に使うんですね。ワコーズのスーパーハードの様な感じでしょうか。

      確かにボディーにも行けそうですが…後戻りのしにくい製品をボディーに使うのはさすがに怖いです(笑)
      もし試す場合は、ホイールでの防汚実験や、パネルでの耐久実験などしてみたいと思います!

      情報ありがとうございました!