Windows XPから乗り換える必要はあるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

Memories of Windows XP

Windows XP のサポート終了は4月9日

間もなくWindows XPのサポートが終了します。
巷では切り替えを先延ばしにしてきた企業や団体が今更になって騒いでますが
一応鑑人では1年前の段階で「Windows XP サポート終了まであと1年!とっとと乗り変えろ!」という形でお伝えしてました。

で、今回本当に迫ってきたXPのサポート終了。
これについて「本当に乗り換えが必要なのか」という点も踏まえて
解説しておこうと思います。

サポート終了の意味

まずこのサポート終了について。
「サポセンが対応してくれなくなる」って話じゃない。

現実にこのように考えてる方も多数おりまして、

「ウチはMSに問合せしたりすることないから問題ない」

というセリフをきいた事さえありますが、これは間違いです。

簡単に言うと

Windowsアップデートが来なくなる

と思って頂ければと思います。

サポート終了で実際にどうなるのか

サポートの終了はつまりWindowsの更新の停止を意味します。
つまり、セキュリティの更新やら、ソフトウェアの対応やらをマイクロソフト側で
一切対応してくれなくなるわけです。

ここまで言っても

ウチは特別なソフト使ってないから問題ない

と考えている人もいるかもしれませんが、これも間違いです。

現在巷に出回っているソフト。特にフリーのものは常時更新されています。
その中には最新OSに更新されていないと入っていないようなプラグインが使われていたりなど、
常時システムの更新が必要となる場合もあります。
これがある日ソフトウェア側のみアップデートした途端に動かなくなるという事が
十二分にあり得ます。

次にセキュリティについてですが、世の中悪意がある人間が皆さんが思っている以上に多く、
毎度やってきて勝手に再起動かけようとしてくるウザったいWindowsUpdateは、
その悪意のあるユーザーとマイクロソフトとの戦いの歴史でもあります。

悪意のあるユーザーは常にOSの穴を探して日々切磋琢磨しています。
マイクロソフトはその悪意のあるユーザーが見つけた穴をせっせと埋める。
サポート終了後はこれをやってくれなくなるわけです。

サポート終了で起こり得る2つの重要な問題


1.ソフトウェアが突然動かなくなる
これは上記の通り、非対応のOSとなり動作しなくなるケースです。
逆にソフトウェア開発企業の方が、最新OSに対応できなくて
XPでないと動作しないなって事がありますが、非常に稀なケースです。

2.ウィルスに感染する
これも、セキュリティーホールを埋める作業をマイクロソフトがやってくれなくなるわけですから
お使いのPCはどんどんセキュリティーのレベルが低くなっていきます。

ウチはウイルスバスター入れてるから大丈夫!

という方は今すぐパソコンを捨てましょう。
もしくはネットにつなぐのをやめましょう。

パソコンを一つの町と考えたら、マイクロソフトは警察であり、
町の議会であり、法律そのものです。
セキュリティーソフトはその町の自警団だと思ってください。

どんなに優秀なセキュリティーソフトを入れたとしても、根本的なところが
どんどん穴だらけになっていくわけです。

個人情報をネット上に垂れ流したりぶっこ抜かれたりするならまぁいいでしょう。
でも誰しもが、他人の情報だって知らず知らずの間に扱っています。

SNSのログイン情報。これを引っこ抜かれたら友達リストが抜かれますね。
デジカメの写真のバックアップ。写っているのはあなただけですか?
メールのやり取り。大事な情報をやり取りしていませんか?
あなたのパソコンがいたずらの踏み台にされていたとしてすぐ気づけますか?

セキュリティを疎かにした結果、知らぬ間に多大な迷惑を他人にかけ
場合によっては多額の賠償金を請求されるケースだってあります。

「大丈夫だ」と思っている方は、その根拠のない自信を捨てて素直に買い換えましょう。

Windows XPを卒業する方法

で、実際にWindowsXPからの卒業。
具体的には買い替えの話です。

日々値段は落ちているとはいえ、それでも数万円単位の出費はさすがに痛い。
正直、これがネックで「買い換えたくても買い換える金がない」という人も多いのでは?

しかもどんなPCを買ったらいいかもよくわからない。
環境の移動はちゃんとできるのか?ソフトは動くのか?
そんな心配もありますよね。

でも、だからXPのままで良いというわけでもありません。

というわけで、なるべく出費を押さえてXP環境を何とかする方法を考えてみましょう。

1.OSだけ入れ替える
パソコンのスペックがそれなりに高ければこの方法で回避も可能です。

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語

Microsoft Windows7 Professional (DSP/OEM)日本語版 32bit
このように、DSP版であれば比較的安く手に入ります。
ただし、パソコンのスペックがある程度以上高くないと厳しいのは間違いありません。
特にXPを搭載しているマシンであれば、それなりの年代になりますし、
スペックも期待できません。その当時の最新の最速モデルであっても油断はできません。
一応メモリが4GB以上、CPUはCore2Quad以上でないと厳しそうです。
また、HDD自体も寿命が近い可能性があります。

2.本体だけ買い換える
デスクトップの場合、モニターさえあれば本体だけの買い替えで済みます。
BTO(BTOについてはコチラを参照)パソコンなら本体だけで購入できます。
安くOS入りの本体を購入したい場合は

フェイスインターネットショップ


パソコン工房
ノートパソコン

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune

FRONTIER
mainvisual_nv_haswell

このあたりでしょうか。

3.中古PCを買う
ソフマップ
ソフマップ・ドットコム

ソフマップあたりで中古パソコンを買うという方法もあります。
ただし、これはあまりお勧めできません。
理由は、中のパーツの寿命がどれほどなのか見当がつかないから。

電子機器なのであまり理解しづらい点もあるかもしれませんが、パソコンは消耗品です。
特に重要なのはHDD。HDDは起動中はほぼ常時回転しているので、日々消耗しています。
これが書いとられた時点でどれほど使われていたかなど見当もつきませんし、
HDD自体に当たり外れがあるのも事実です。
中古品などは保証がないものや、保障があってもごく短い期間だけだったりするので
「保障が切れた途端に壊れた!」なんてこともあり得ます。

といったところで安く済ませる方法でした。
法人の場合は法人モデルがあったりして、個人向けより安くなっていたりしますが…。

とりあえずはXPから乗り換える事の重要性は理解していもらえましたか?
あと1ヶ月となるXPサポート終了。ギリギリになるとPCの発注も増えて
メーカー側でも対処しきれずに納品が遅れるという事もあり得ますので決断はお早めに。

ちなみに一応「どれを買ったらいいかわからない!」という方は
今使っている
パソコンのメーカー
デスクトップかノートか
パソコンのスペック
パソコンの使用用途
予算
等々わかる限り書いてメールフォームから投げてもらえれば
可能な限り推奨できそうなパソコンを見つけてみます。

ただ、ボランティアなので返信が遅くても、
さらに返信が来なくとも、買ったパソコンが思ったものと
違うものが来たとしても文句を言わないでくださいね(笑)

まぁとりあえず記事内のBTOパソコンあたりがいいんじゃないかとは思いますけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする