カーワックスの傷消し効果を実験してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG1144

車の洗車道具を整理していたら、昔むかーーーーしに購入した
ワックスが出てきました。

ここ数年はずっとポリマーやらガラスコート等を使っていたため
使い切らないまま放置されていました。

それがコレ

カーメイト プロズワックス ロイヤルブライト


本来は上記のように高級感あふれる感じなんですが…。

IMAG1134

うん。汚い!

そりゃずーっと眠っていた代物ですから。

蓋を開けてみるとさらに…
IMAG1135

スポンジが完全に腐ってます。これはもうダメですね(笑)

肝心の中身ですが
IMAG1136

こっちは大丈夫な模様。

というわけでして、何度か鑑人でもコーティング剤についての
レビューをやってきました。

【過去の記事】
カーコーティング剤のニュービームを買って比較してみた!
AQUADROP(アクアドロップ)を施工してみた!
カーコーティング剤を比較してみた!

今回せっかくワックスが出てきたのでこれも実験してみたいと思います。


ワックスの傷隠し効果はどれほどか


で、最近気になっていたのは「車の洗車傷はどうやったら隠れるか」。

過去の実験とかいろいろな結果から、最近、やっぱりワックスが一番なんじゃないかと
うすうす感じていたわけです。
で、車本体でやるのも億劫だし、リセットするのも大変なので、
前回の記事「カーコーティング剤のニュービームを買って比較してみた!」で使用したパネルをまた引っ張り出してきました。

前回の実験が終わった後、その辺に完全放置してたパネルです。
まだいろんなコーティング剤の跡が残ってますが、気にせず耐水ペーパーでゴリゴリ。
IMAG1133

いい感じに傷だらけになりました。

では早速施工。
IMAG1138

暫く放置して乾いたらふき取ります。

IMAG1139

おお!

やはりワックスだけあって、ヌルヌル感があり、さらに傷が非常に目立たなくなりますね。
マスキングを外してみるとさらにわかりやすい。
IMAG1140

これは素晴らしい。ハッキリくっきり違いが分かりますね。

耐久性について

次に耐久性についての実験。

IMAG1141
はい。今回も出ましたストロングバブル。
これを吹きかけてどうなるものか…。

IMAG1142
予想通り、きれいさっぱりなくなりました。
そりゃ別に硬化するわけでも定着するわけでもなく、ただ乗ってるだけですもんね。


ポリラックとの比較

パネルがまっさらになったところで、アイツと実験してみようと思います。

ワックスとは似て非なるもの。


そう「ポリラック」です。

IMAG1147
右がワックス、左がポリラック。

どちらもきれいに傷が目立たなくなりました。
ワックスの方が若干ヌルっとした感じというか、光沢感というか
潤いがある感じに仕上がっています。

ちなみに右下の四角い跡のようなところは、おそらく前回ベルツを施工したところ。
ほぼ効果なしと思われていましたが何かしらの効果はあるようです。


意外な効果

二つとも施工したところで、撥水性能を比較してみようと思い、
水をかけて拭いてみたら思いもよらぬことが起きました。

IMAG1148
あらら…?


真ん中上の部分。これは前回GlassPower原液1000mlグラスパワーを施工したところですね。
くっきりとワックスが落ちてしまいました。
一度ストロングバブルで拭いているのにまだ撥水しますか…。

対してポリラックはちゃんと残っています。


総評

といったところで、総評となります。
結論としましては、

ポリラック最高!!!

ってところに落ち着いてしまうんですが、ワックスについて
ちゃんとまとめてみますと、

・傷隠し効果は非常に高い
・艶、光沢はかなりのもの
・耐久性はあまりない

といったところ。

そして思い出したことが一つ。このワックスを使うのをやめた理由です。
それは、施工後数時間でワックスが浮いて曇るんですよね。
仕上がりはいいのに、何時間もかけて施工したにもかかわらず
数時間ないし1日後、特に暑い日には油が浮いてくる。
これで使うのをやめたのを思い出しました。

やはりワックスを試すならシュアラスターでやりたいところなんですが、
まぁ継続して使うかもわからないし、今沢山手元にコーティング剤が残ってるし…。
ひとまず傷隠し効果は非常に高いというのが分かったから良し!ってことで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする