「艦これタブレット」こと DELL の Venue 8 Pro をいじってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

DSC_0471

訳あって VENUE 8 Pro を触る機会がありました。

Dell Venue 8 Pro とは


DELLが販売しているWindows8.1搭載8インチタブレットです。
Windowsタブレットと言えば Microsoft Surface が有名ですが、
この Venue 8 Pro は Surface まで性能は良くないが、そこそこ使えるスペックで
長時間バッテリー駆動することが出来るタブレットです。

それを可能にしたのが Atom Z3770 という新世代のAtomCPUです。

このCPUは省電力でパワフルという触れ込みで、
フラッシュでもサクサク動かすことが出来るという売りがあります。

その為、Atom Z3770を搭載したタブレットは「艦これタブレット」とも呼ばれたりします。

スペックは以下の様な感じです
CPUインテル Atomプロセッサー Z3740D (1.8GHz 4 コア)
OSWindows 8.1 32bit
RAM2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ (1600MHz)
HDD64GB eMMC HDD
ビデオカードインテル HD グラフィックス
ディスプレイ8.0インチIPSディスプレイ(1280 x 800、10-pt 電容量式タッチ)
バッテリ2 セルバッテリ(18Whr、 4830mAh)

数年前100円PCとして売られていたネットブックのCPUもAtomなので

Atom=ク○CPU

と思っていたのですが、実際に使ってみるとそんなことはありません。

よく出来ていて、スクロールもするする動きますし、画面の切替えもサクサク変わります。
これは4コアになった恩恵でしょう。
実際はそれだけでは無く、CPUの命令の処理の仕方なども代わり体感だけでも数倍速くなったと感じられます。


大きさもipad mini 程度で重さも同程度な所もGoodです。

タブレットと言えばAndroid系やipadなどがありますが、このタブレットの利点といえば

「今までのWindowsアプリが使える」

という所にあります。

確かにipadにはアプリが沢山ありますが、Windowsアプリは
それらのアプリ以上に出来の良いものが沢山あります。

たとえば出先で株のトレードをしたり、ブラウザゲームをしたり
なって場合にもってこいのタブレットとなっています。

デスクトップはデカい!ノートパソコンも滅多に使わない!
でも時々Windowsアプリは必要!

という方は一度検討してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする