映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えると超絶ブラックになると話題

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

black_money



Twitter上で、映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えるとどんな映画もブラックな雰囲気になると話題になっているようです。「ワタミ」はまぁ外食産業で有名。あとは「ブラック企業だ」なんて話でネット上では特に騒がれてます。

肝心のハッシュタグは「#映画のタイトルの一部をワタミにすると何もかもが労働基準法違反」。

それで出てくるのが下記のような感じ。

「ワタミの宅急便」
「ワタミを着た悪魔」
「デンジャラス・ワタミ」
「ワターミネーター2」
「桐島、ワタミやめるってよ」
「ツレがワタミになりまして。」
「ワタミの奴隷になりなさい」
「ワタミ•イン•ブラック」
「それでもワタミはやっていない」
「天国に一番近い ワタミ」
「ワタミはつらいよ」
「私をワタミに連れてって」
「ワタミのいけにえ」
「ハリー・ポッターとワタミの囚人」
「出口のないワタミ」
「ワタミとジュリエット」
「ワタミ 最期の12日間」
「ネバー・エンディング・ワタミ」

で、本題はここからなんですけど、この会社、ネット界隈ではいろんな過酷な女性従業員の過労自殺の件や労働エピソードなんかがチョイチョイ出てきますけど、実際の社員さんの反論のようなものを私は見たことがないんですよね。「ネットで騒がれてるけど、実際はそんなことはない!素敵な会社だ!」なんて意見が出てこない。統制されているのか、みんな自分が働いている会社がブラックだと認識しているのか…。

そんな中こんなニュースが
ブラック企業集中取り締まり…立ち入り、公表も

これの対象がどれくらいになるのか、実際に立ち入りが入ってみないとわかりませんが、世間一般に「ブラックだ」なんていわれてる企業に軒並み入ってもらわないとね。でもなぜこのタイミングなのか。厚生労働省がやっと重い腰を上げた理由は何なんでしょうね?当選しちゃったから身動きが取れなくなる前にやっとかないとって話なのか、世論に押されてしぶしぶなのか、本当に粛々と進めようとしていたものがやっと実行できるようになったからなのか。

とりあえずは女性従業員の過労死みたいな事はもう無いようにしてもらいたいですね。

ソース:映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えると、なんだかブラックな雰囲気になるとTwitterで話題|NEWSポストセブン
画像:Black Toned Lincoln penny 1928 / kevin dooley

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする