デカイXperiaが発表されたが洒落にならないほどデカイXperiaZ Ultra

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

0626XperiaZUltra2
ソース:japan.internet.com

Xperia Z Ultraが発表されましたが、今回のXperiaは洒落にならないほどデカイです

6.44インチの画面ですので仕方がないですね。
ジャンルはスマートフォンでもなくタブレットでもなく、その中間の「ファブレット」というジャンルになります。
0626XperiaZUltra4
うーん確かにデカイ。

紹介動画もありました。


ただ、スペックは、今までは一週遅れと馬鹿にされているソニーですか、今回は最新のモノを惜しまずに乗せてきています。

画面サイズ6.44インチ(1920×1080 FHD)
CPUSnapdragon 800(2.2Ghz/4コア)
RAM2GB
ストレージ16GB(外部ストレージとしてSDカードが64GBまで対応)
サイズ92.2×179.4×6.5
重量212g。

特にこの「Snapdragon 800(2.2Ghz/4コア)」というCPUが最新で、世界で初めに搭載された端末になります。

先日、日本でも発売されたHTC J Oneに積んでいるSnapdragon 600の次世代版となります。
CPUのクロックが大幅に向上し、グラフィックが強化され、最適化されているため、消費電力も下がっていると期待されているものとなります。

ただ、実際に数字としてそんなに変わらないんでしょと思うのですが
Quadrant Standard Editionで比較すると大体以下の様になります

Snapdragon 600:12000
Snapdragon 800:18000

ただでさえ早いと感じたHTC J Oneより50%ほど速いんです。

期待できるのはCPUだけでは無くディスプレイも期待ができます。

色が薄いだの、視野角が狭いだの尿だの言われていたディスプレイですが、

ソニーの原色に近い色合いを出すという「トリルミナスディスプレイ」のモバイル版、「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載しています。

これにより発色が良くなり、弱点だった部分も解決してくれそうです。


最新のスペックと最新の技術をふんだんに乗せてきた「Xperia Z Ultra」
これは期待できますね!

日本での発売は・・・ドコモが有力ですが、

これは発売しないという話もチラホラ・・・


そうそう、忘れちゃいけないのがペン入力ができます。
6.44インチという大きさなのでメモ帳や手帳代わりにも使えます。

ただ、今までもペン入力ができる機種はありましたし、ペンも売っていましたが
これらはゴム先のペンで使いにくく、メモ蝶として使うのには余り適していませんでした

が、Xperia Z Ultraは鉛筆やボールペンなどでも入力できます
画面の上に紙を重ねてメモを取り、そのデータをそのままスマホにデジタルデータとして保存するという使い方もできます。

ハイスペックで画面も大きく、いろいろなペンが使えるというこの端末。

タブレット代わりに是非使いたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする