一般人がF1マシンに乗るとこうなるようです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

The Race begins 26th Sept 2008

F1マシンに一般人が乗るとどうなるのか。

実際に乗ってみちゃった動画がありました。



ごっつんごっつん行ってますね。

はたから見ると、「何やってんだこいつは」と思ってしまいがちですが、ドライバーは自分が運転するわけですから、次の挙動を予測して備えられるのに対して、同乗者は翻弄されるばかりです。

しかも、F1マシンともなると乗っている人には最大で4Gもの力がかかるそうです。

つまり体重の4倍。

さすがに限界ギリギリのパワーで走るということはないでしょうが、それでもそれなりのGはかかっていることと思われます。

ヘルメットもかぶっているわけですから、加減速、コーナリングのたびに、自分の頭の重さの2倍以上の力はかかっていることでしょう。

と、考えたら動画の内容も納得かもしれません。

そんな中、走り続けるF1の選手はすごいですね。

確かにF1ドライバーってみんな首太いかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする