Linuxを実働環境で勉強する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 50



業務でLinuxサーバーを使うので、細かいところを勉強したいが、
テキストだけではなかなか実感がつかめない部分が多いので、
実際に触りながら覚えたいと言う人は多いと思います。

ですが、
「サーバーなんて自宅に置けないよ」
と言う人も多いはず。

というわけで、無料、もしくは低コストで、簡単に
Linuxを触りながら勉強できる方法をご紹介しておこうと思います。

1.Ubuntu(ウブントゥ)を使う
多分これが一番簡単だと思います。
Ubuntuという無料のLinuxのOSがあるので、こちらを最小構成で
型遅れのノートパソコンにでもインストールしましょう。
UbuntuのWikiが一番わかりやすいです。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/InstallUbuntu

Ubuntuは軽いので、Windowsが重くて動作しないPCでも
それなりにサクサク動いてくれます。
デスクトップのようにGUIを使わなければさらに軽快です。
ちなみに、

メモリ:256MB
CPU:シングルコア800Mhz
の化石みたいなPCでも動作しました。
※Windows7が入っているようなPCですと
メモリ4GB~8GB、CPUが2200Mhzの4コアとかだったりしますね。

さらにUbuntuは容量も小さいので、現在使っているPCにインストールして
デュアルブートにしてやるのも手です。
個人的にはwindowsで調べながらUbuntuを操作って方法を取っていたので
2台でやってましたが。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/InstallDualBoot

2.CENT OSを使う
こちらサーバー用のOSなのではそれなりのマシンスペックを必要としますが、
実運用させるのでなければ、シングルコアのPCにインストールさせても
それなりに動くはずです。
参考はコチラが一番。手順も全て記載してあるので、
書いてある通りに進めればCentOSがインストールできます。
http://centossrv.com/centos5.shtml

まずはLinuxを触れる環境を用意して、その後から
Qmailなり、apacheなりの勉強を進めていくのがいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする